お腹が引っ込まなくなってから数年

どちらかというとウエストが細いというより厚みがないと言ったところでしょうか。横から見ると厚さがなく薄い感じでした。もちろん下腹など出ていませんでした。

それが数年前からなんとなく下腹が出てきて、きっと食べすぎ、最近便がでてないので、便がでたらお腹ひっこむなんて思って毎日を過ごしてきましたが、数年経った今このお腹のでっぱりは便でも食べすぎでもなく、脂肪なんだなと最近ようやく自分で自分に認めるようになりました。

以前まだまだ若いころ、温泉など行くと、お腹に階段を抱えてるおばちゃんをよく見かけました。年を取るとあんなになってしまうんだと少しい感じがしましたし、自分は絶対あんな風にはならないと心に決めていましたが、最近はその入り口に立ってしまったようです。

これはどうにかせねば、もうこれ以上脂肪を蓄えるわけにはいかないと思っています。その対象法として、運動嫌いな私は無駄に腰を回すようにしています。

気がついた時、たとえば歯を磨きながら、皿を洗いながらなどなど。それと仰向けになって息をすってお腹を膨らませ、吐いてお腹をへこませる。空気は全部抜くようにこれを10回やります。

若かりし頃エアロビの先生に教えてもらった方法です。お腹がへこむとか。その当時はお腹がへこんでいたので、仰向けにねるとむしろお腹がもっとへこんだのに、今仰向けになってもお腹のふくらみはあまりかわりません。

悲しいかなもっと早くに自分のお腹についているものは脂肪だと自覚すればよかったのですが、そのまま放置したツケが回ってきてしまっています。

何事も早め早めの対処が必要だと感じました。少々のでっぱりは目をつむるにしてもお腹に脂肪の階段だけはつけない
ように頑張りたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>