お葬式では自分の役割に応じた服装が必要

お葬式の時は基本的に黒のワンピースに上着、というセットを着用し、黒のストッキングとパンプスを合わせる、というふうにしています。大手スーパーのフォーマルコーナーで購入したものです。

ただ、義母のお葬式のとき、「お母さんは着物が好きだったから着物を借りて着たら?」と言われて迷いました。確かに着物を着るのは上品で落ち着いて見えます。

しかし、私の役目は受付の近くに立って着てくださった方たちを案内したり、座っていただく場所を決めたり・・・と雑用が多く、立ちっぱなし走りっぱなしになりそうだ、という予感がありました。

また、普段から着物を着る機会がないので、汚してしまったり着崩れてしまうのではないか、という不安がありました。そのため、着物は断念することにしました。

実際、なれない着物で長い時間歩いたり、食事を取ったり、というのは無理だったと思います。夫の姉も着物を着ようかどうしようか迷っていたのですが、トイレが近いから・・・ということで断念しました。

やはり着物を着るのは亡くなった方にかなり近い立場の人で、挨拶だけしていれば大丈夫な人、着物を着ることに抵抗のない人に限ったほうがよさそうです。

近い親族が洋装なのに、遠い親族が着物、というのは特に若い人の場合、不自然な感じになるかもしれません。また、精進落としでは親族がたくさん集まって、お料理をお勧めしたり、お酌をする必要があると思ったので、黒のエプロンを持っていったのが役にたちました。

また、娘が斎場の外で人を案内する役割をしていたのですが、12月で、合服のスーツでは薄くて寒い、というので黒のパンツスーツを着ていました。しかし、それだけでは寒くて、とてもつらい思いをしたそうです。

喪服のスーツはどの季節にも使えるように、ということで「薄からず、厚からず」といった中途半端な素材のものが多いような気がします。

パンツスーツの下に、タイツをはいたり、黒のコートでボタンなども地味なものを用意しておけばよかったと思いました。それから、パンプスも立ちっぱなし、歩きっぱなしの状態ではヒールが高いとつらくなります。

動きやすいパンプスをはいていくと、てきぱき動くことができていいと思います。親族の葬儀では、自分の役割をしっかり把握して、それにあったものを選ぶ必要があるでしょう。

忙しくて、なかなか店舗などに足を運べないといった方は、ネット通販サイトで購入するといいですよ。

こちら⇒ブラックフォーマル

商品数も豊富に取り扱っているので、お店で買うよりも良いものが見つかるかもしれないですね(^^)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>